【不倫からの略奪】略奪婚後どういう末路をたどるのか

不倫をしている人なら、一度は略奪を考える事もあるでしょう。
不倫相手に対して本気なら、なおさらその思いは強いはずです。

しかし、略奪をして結婚した後、2人はどういう末路をたどるのか。
略奪婚の末路を知ってから、略奪するのかどうかを考えるべきでしょう。

略奪婚は幸せになれるの?

略奪婚後、幸せになれる人はいます。
その人たちの多くは、不倫相手が自分の妻や夫と離婚したくて仕方がなかったケースがほとんどです。
不倫をきっかけに離婚を切り出し、晴れて離婚成立となった後に不倫相手と再婚をした人たちは、幸せな結婚生活を送れる可能性が高いのです。

また芸能人の中にも、略奪婚をした後に幸せになれた人は結構います。
『略奪婚=不幸になる』と思われがちですが、幸せになれる人もいるのです。

略奪婚をして不幸になる人もいる

上記では幸せになれる人もいると言いましたが、不幸になる人もいるのが現実です。
そして、不幸になる人の方が多いです。

略奪婚をして不幸になった人たちがどんな末路を辿ったのか、体験談をもとにご紹介していきます。

再婚した後に不倫された

不倫相手と結婚した後は、幸せな結婚生活が出来ると思っていたAさん。
ですが彼は押しに弱い人で、別の人からアプローチされるとそれに流されてしまい、再び不倫をしていたことが発覚したそうです。

略奪婚を受け入れる人は押しに弱い人が多いらしく、このような末路を辿る人も多いんだそう。
また、不倫癖がある人も多いみたいで、妻の他にも彼女が欲しいから不倫を辞められない人もいるようです。

罪悪感に負けてしまう

略奪婚は不倫相手の家庭を壊ししたうえで成立するものです。
略奪婚に成功したばかりのころは、その嬉しさと喜びで罪悪感も感じないかもしれません。
しかし時間が経つと冷静になっていき、自分がした行為が人の幸せを壊してしまった事に気付きます。

Bさんは、この罪悪感にとても苦しみました。
自分が想像していたよりもBさんの心に重くのしかかってきたのです。
その結果、Bさんは離婚を選んだそうです。

職場にいられなくなり収入減る

職場内で不倫をしていたCさんは、略奪婚をした結果職場にいられなくなり、転職を余儀なくされました。
しかし転職の準備もないまま退職したため、転職も上手くいかず無職の期間がありました。

なんとか転職できたとしても、30代半ばで採用してくれた会社は前の会社よりも収入が急激に減り、貯金もない状態になりました。
愛は手に入れられましたが、お金がなくなり、結婚生活はとても苦しいものになったそうです。

周りが全員敵に思えてくる

今の時代略奪婚をすれば、友人や家族、職場の人など、周りの人たちに直ぐ広がります。
ある程度予想していたというDさんも、自分の周りの人たちから白い目で見られ続けるのは、精神的にとても追い込まれたそうです。

周りの人たちが全員敵に思えてくると、その人たちとの関係も切れていきます。
Dさんたち夫婦は、自分たちの事を知らない人たちを求め、地方へと逃げるように引っ越しをしました。

略奪婚をしても幸せになるためには

略奪婚の末路は悲しい結果になる事もあります。
もしあなたが略奪婚を考えているのであれば、自分がどういう末路を辿るのかよく考えてみてください。

「不倫相手の彼と一緒になりたいけど、彼と結婚しても本当に大丈夫?」と不安な方は、こちらの診断を試してみてください。

【こんな男性なら略奪してもOK】略奪したあと幸せになれる確率診断 >>

執筆者プロフィール

カロリ
物書き。人間の心理に関心がある。自分らしい人生を歩むためにどうすれば良いのかを模索しながらコラムを書いています。

SNSで共有する